語学勉強人気再燃中??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年のオリンピックを意識しているのか、ここ数年「通訳案内士」など、言語関連の資格や、観光関連の資格が人気を博している。

「通訳案内士」の場合、国家資格であることが一番の魅力で、平成29年4月1日時点の登録者数は22,754人に達している。

この資格は通訳で報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をするための国家資格。試験は国土交通大臣が実施し、合格者は都道府県に通訳ガイド(通訳案内士)として登録。プロの通訳者として活動できる。

通訳案内士の資格取得は全部で10か国語から選択が可能(現時点でカバーされる言語は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語及びタイ語)。試験項目としては、1 次試験の試験内容は外国語、日本地理、日本歴史、一般常識(産業・経済・政治及び文化)の4科目から構成。第2次試験(口述)となる。

情報筋の話では近々マイナー言語(インドネシア語、ミャンマー語など)も出てくることが予測されており、こうした試験に合格し巣立っていくマイナー言語の通訳案内士たちは、インバウンド対策で大役を務めていることになるだろう。

ただ、通訳案内士のようなプロだけではとても足りない。オリンピックもあるし、人気観光地として様々な国からお客様が来るのだから、語学力を人のためにつかってみることを考えてみてはどうだろうか。通訳案内士のような立派な国家資格を持たなくても人のために自分の語学力を生かす場面が増えてくる。個人レベルのお手伝いから、団体として通訳や文化交流をする機会は以前より増えることは確実。あまり知る人はいなかもしれないが、多言語サポートをする団体のうち古くから存在する1つは日本初のオリンピックが開催された時に発足された「グッドウィルガイド(善意通訳普及運動)」だ。

「グッドウィルガイド」はボランティアから成る団体で、自分の語学力を生かして積極的に手助けするなど、外国人旅行者の言葉の上での困難や不便の解消を目指すという趣旨で活躍範囲を広げている。彼らの大半は日本政府観光局(JNTO)に登録しており、その意思を表示すべく、平和を象徴する白い鳩が地球の上を飛んでいるバッジを与えられている。

気が付くことは滅多にないと思われるが、このバッジを見かけたら、彼らのことを少しだけ思い出していただきたい。

logo_goodwill_guides

 

通訳案内士試験

日本政府観光局 グッドウィルガイド(善意通訳普及運動)


〔外国人観光客を集客するために〕

多言語翻訳サービスNAIwayでは、様々な専門分野を持つネイティブの翻訳者が、パンフレット、メニュー、Webサイト、契約書等、インバウンド対策のお手伝いをいたします。

★外国語のスライドムービーをSNSや店頭サイネージで流して集客、案内、注意喚起などのインバウンド対策に! 外国語動画制作のバイリンガルサポートにお任せください。

★英文(英語)学術論文の校正・校閲・添削はエヌ・エイ・アイ(NAI)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*