離島の頑張り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数週間色々と程慌ただしくしていたこともあり、僅かなプライベートタイムを現実逃避できるネットサーフィンに費やしていたところ、いま「離島」が熱いことを知りました。

——-

東海汽船・伊豆七島のキャンペーンが日本語で行われているだけでなく、英語でもウェブサイトが出来ており、かなり力をいれているようです。

Tokyo Islands 

2時間程度で「南国気分」を味わえる東京近郊の島々。

ダイビング初心者でも運がよければイルカと戯れることもできるとか。。。

都会の忙しない日々を一瞬でも忘れたい人にはもってこいの場所です。

伊豆大島以外にも式根島、八丈島などもアピールされており、外国人観光客の中でも「日本の離島巡り」はちょっとしたブームになりつつあるのかもしれません。

過去を遡ると、今まで大半のツアー客は主に温泉ホテルを利用していたようですが、最近ではバックパッカーが喜びそうな民宿や、若い世代が運営するキャンプのような施設も続々誕生しているようです。離島だから就職も期待できないと諦めるのではなく、自分たちが主体となって生まれ育った島を活性化させようという勢いが伝わってきます。

同じ離島でも、色々な意味で話題になっている「軍艦島」。こちらも負けていません。

英語のサイトを持ち、観光ガイドの体制もしっかり整っています。

軍艦島紹介サイト

軍艦島は伊豆諸島とは異なり歴史的背景の説明が必須であるため、元作業者や住民であったり、歴史を愛するOB/OGたちがコンシェルジェとして日本語・英語対応されています。ただただ島をガイドブックを観ながら散策するより勉強になると好評なようです。

軍艦島コンシェルジェ

日本の離島を知ることは教科書には出てこない色々な歴史を知ることが出来るだけではないので、日本人にとってだけではなく、国際的にも非常に意味のあるツアーだと思います。

是非一度足を運んではいかがでしょうか。


〔外国人観光客を集客するために〕

★外国語のスライドムービーをSNSや店頭サイネージで流して集客、案内、注意喚起などのインバウンド対策に! 外国語動画制作のバイリンガルサポートにお任せください。

多言語翻訳サービスNAIwayでは、様々な専門分野を持つネイティブの翻訳者が、パンフレット、メニュー、Webサイト、契約書等、インバウンド対策のお手伝いをいたします。

★英文(英語)学術論文の校正・校閲・添削はエヌ・エイ・アイ(NAI)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*