JR東日本・外国人旅行者対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり都内はインターナショナル

この連休はのんびりと自宅にて休養するつもりだったのですが、色々な場所を散策する日々に変わっておりました。

このブログをはじめてからというもの、日ごろの生活でインバウンド対策と思われるもの、サービス、設備などなど、気が付いたらお笑い芸人さんのネタ帳ではありませんが、スナップ写真やメモをするようになってしまいました。

そして今回の発見はこれ!

JR目黒駅に出没した外国人旅行者用に設置された電子コンシェルジュ!

2月18日に日暮里駅から設置開始されたそうで、目黒駅に3月末あたりにはなかったような気がするのですが、この連休中に見つけました。

なんとこのコーナーひとつでJR東日本の電車乗換案内に加え、周りに置いてあるチラシ等も無料WiFiの案内、近隣のイベント案内、地図などなど、外国語がわかる駅員に全てを任せなくても、英語、中国語、韓国語で案内が受けられるようになっていました。

またQRコードに自身の携帯をかざせば、JR 東日本訪日旅行センター「JR EAST Travel Service Center」やスマートフォン向け情報提供アプリ「JR-EAST Train Info」などにアクセスできるようになり、手元で検索はできるようになっていました。

IMG_20170505_183844

<htps://www.jreast.co.jp/press/2016/tokyo/20170214_t01.pdf> 2017/02/14

東京駅ではこのような端末のほか、ウェブサイトも充実。

<https://www.jreast.co.jp/e/customer_support/service_center_tokyo.html> 2017/05/08

2015年12月1日よりからはJR東日本東京駅施設全域にて訪日外国人観光客受け入れ環境整備JR東日本東京駅構内のインフォメーションセンターやお忘れ物承り所、店舗・施設・ホテル・ホーム等にて駅社員やスタッフよりご利用が可能。

駅社員・スタッフ、外国人のお客さまの応対に電話を介し、オペレーターが通訳サービスを365日24時間!

英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語の6ヶ国語に対応。

<http://www.telecomedia.co.jp/news/2015/2705/>2017/05/08

次々に人に頼らない充実したサービスを展開していこうとしているJRには頭が下がります。(一部の駅員さんや、私鉄が取り仕切る案内は相変わらず不親切ではありますが…)

後は利用者のマナー改善に尽きるのかもしれません。。。


〔外国人観光客を集客するために〕

★各国語のスライドムービーをSNSやサイネージで流して集客や、案内、注意喚起などのインバウンド対策に! 外国語動画制作のバイリンガルサポートにお任せください。

多言語翻訳サービスNAIwayでは、英語・中国語・韓国語はもちろん、タイ語・ベトナム語・ドイツ語・ロシア語・スウェーデン語・ポルトガル語・アラビア語、その他様々な言語に対応いたします。

★英文(英語)学術論文の校正・校閲・添削はエヌ・エイ・アイ(NAI)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*