アニメパワー Anime Japan 2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クールジャパン・・・

先月の3月24日~26日にかけて東京ビッグサイトは「Anime Japan 2017」が開催され、アニメ一色になっていたそうで。。。 イベント会場近くにいた知人からは目を疑うほどの人の塊を映した写真が届いた。

あまりアニメに造詣のない私にとってアニメがここまで世界中を動かすパワーになるとは思ってもいなかった。

ただよくよく考えてみればアメリカのアニメは「ブーン、バーン、クラッシュ」と擬音だらけであり、お世辞にもきれいな絵ではなかったことを自身の微かな記憶にある。

大手といったら、スーパーマン、スパイダーマン、バットマンなどを誕生させたマーベルコミックス社ぐらいしか思い出せない。

どのアニメをとっても、彩、線、話の構成、美的感覚すべてにおいて日本のアニメに劣ることはアニメをあまり楽しまない素人でもわかる。

だがアニメはどうやっては世界に広まったのだろう?

北欧の国、ノルウェーでは漁業船の衛星無線を経由して幼い頃から日本のアニメで育ったと高校時代の同級生は語っていた。 おかげさまで、日本語をしゃべれるようにはなったが「忍者ハットリくん」のような話し方を覚えてしまい日本人にはよく笑われていた。
彼曰く、国営放送が当時あまりに面白くなかったので日本のアニメをみるのがごく自然な流れになっていたと。 そんな訳で日本の衛星放送が入る地域では現在のアニメブームが爆発する前からなじみがあるものであったことは確かだ。

そしてじわりじわりとインターネットの時代へ突入、我らのアニメ、ヲタク文化は想像以上のスピードで日本のアニメは世界に配信され始めた。

私は時間があるときに「NHK | cool japan 発掘!かっこいいニッポン」を観ることがあるのだが、この番組では数名の外国人がそれぞれ、与えられたトピックに対し、彼らの視点から見て「クール」なことを体験したり、話し合ったりする。

日本人には到底考えられないモノがクールだと話されていることがあったり、日本人がクールだと思っているモノは外国人にとって実はあまりクールではなかったりする。 時には日本人が忘れかけている伝統的なものに興味をもち、掘り下げていく場合もある。
その中でも、あまりに興味を持ちすぎて弟子入りして庭師、宮大工になって日本で充実した年月を過ごし始めた者も数々いるとか。 身近なところでは私がたまに訪れるCOREDO室町「おちゃらか」。 ここははまさに外国人が日本茶に恋をし、こだわり、そのままチャムリエになり誰でも楽しめる日本茶・フレーバー茶を紹介、販売している。

これまでの日本は、海外のモノをよりコンパクトに、性能を上げ、質の良いものにしていくのが御家芸だった。 だが、アニメやコスプレは違う。 この文化は明らかに日本発の文化である。

若者のパワー、インターネットのパワーは図りしれない。 「クールジャパン」の可能性は無限大だ。 後は言語の壁を壊すソリューションが必要なだけ。 だが、それも人の力を借りずにコミュニケーションが取れるようになってきている。

今回のAnime Japanでは英語のサイトがあり、ビジネスチャンスを伺う、商談のみの日やビジネスチャンスセクションが設けられていた。どこまで通訳サービスが充実していたかはわかりかねるが、3月23、24日に商談ブースを訪れたビジターは年々増えているとか。アニメ作品、キャラクター紹介に限らず、コラボ、物販、ビジネスマッチングにコンシェルジュが仲介などと、かなり充実した内容だったと報告がある。

来場者145,453人、前年比107%を達成。明らかに日本のアニメは日本経済を潤す大きな可能性があるとみた。

NHK | cool japan 発掘!かっこいいニッポン

Anime Japan 2017 英語版
Anime Japan 2017 ビジネス

2017/03/31


〔外国人観光客を集客するために〕

★アニメイベントの案内・聖地での注意喚起・メイドカフェでかわいいメニュー紹介など、外国語のスライドムービーで訪日外国人にアピール! 外国語動画制作のバイリンガルサポートにお任せください。

★漫画・アニメ関連の翻訳は多言語翻訳サービスNAIwayへ。漫画・アニメ分野に詳しいネイティブの翻訳者が対応いたします。

★英文(英語)学術論文の校正・校閲・添削はエヌ・エイ・アイ(NAI)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*