リピーター率が高いタイからのお客様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年7月 ASEAN友好協力40周年を契機にタイ国民の短期滞在者に対して、ビザの免除措置が開始されました。それに伴い現在、タイと日本を結ぶ国際路線が成田・羽田・関空をはじめ全部で6路線から直通便が飛び、加えてLCC(格安航空)が訪日増加に拍車をかけています。

富裕層から中間層に広がる日本観光ブーム。下の表からも見てわかるように、2013年以降、一気に上昇しています。2014年の軍事クーデターなど不安材料はありましたが、経済は手堅く推移していることから、訪日タイ人の数は年々増加の一途をたどっています。また、オリンピックが開催される2020年には150万近くまで伸びるのではと言われています。また驚くことにリピーター率もかなり高くなんと2~5回の比率が一番多いのです。

次にタイ観光客の趣向や動向を詳しく見てみましょう。

A.日本に魅力を感じること

自然・雪・桜

温泉

日本食・伝統文化

自然 四季折々の季節を感じることが出来る日本は魅力そのもの。

 一年を通して温暖なタイ。日本での雪体験は感動。

 日本の自然に触れるのが大好きなタイの人達。タイの人達にとって「ソンクラーン」という旧正月休暇が一番の観光シーズンです(日本のGWと年末年始が一緒に来た感覚?)この時期と日本の桜の季節がちょうど一致しているので、訪日観光客もこの時期とても多いのです。日本人ばかりでなくタイの人達にも桜の景色は心に響くみたいです。

温泉 最初は恥ずかしい→病みつきになる→通になって人に紹介の連鎖の様です。

日本食 定番の「寿司・刺身」32%「しゃぶしゃぶ」13.6%「すき焼き」10.4% (JETRO日本食に対する海外消費者アンケート調査2014.3)の他に、てんぷら・焼き鳥・とんかつは人気が高い。

伝統文化 特別なものではなく庶民の生活に根差した行事に触れることに満足を覚えるようです。例えば、御餅つき、コマ回し、着物や浴衣をきて散策等。

注)ソンクラーン 4月13日~15日の旧正月休暇 一番の観光シーズン

注)外国人にとって温泉は未知の分野への冒険。その分、温泉の入り方や女湯と男湯の区別、入浴時間交代制など分からない事だらけ。提供する側の説明不足で困惑したケースが多くみられます。

B.人気のあるエリア

東京 北海道 大阪 千葉

北海道 やはり雪と自然を満喫できるという所で納得でしょう。

千葉 何故ランクインしているのか不思議!

実は映画やテレビの撮影が行われ、日本でいう撮影現場観光の「聖地巡礼スポット」なんです。「ライジング・サン」登場人物が全て日本人として出演 於千葉県香取市佐原 水郷の町

日本紹介番組で成田取材が多い。

他に日本で撮影された映画などとても多いのに驚きです。

「Letter」 「Timeline」 佐賀県  「フェーンディ」北海道ニセコ 等

番外編 「クーカム」第二次大戦中の日本兵とタイ女性の恋愛 この映画タイの女性が日本人男性に好印象をもつようになった番組の代表ともいえる。(日本で放映されたら嵌るかも)

  1. 人気のお土産グッズ

お菓子類がダントツ一番人気!

その中でも群を抜いて人気があるのが「キットカット抹茶味」!

グリコ「ポッキー」 カルビー「かっぱえびせん」 「白い恋人」…

  1. まだまだ未熟な国、日本

外国人観光客が来日して驚くことは、フリーWiFiスポットが日本はとても少ないことだとか。

東南アジアの国々って日本が思っている以上にネット環境は整っているし、因みにタイはクレジットカードの普及率はアセアン諸国で第一位なのです。

観光の情報収集はインターネット。海外旅行を企画する際は、タイ最大のインターネットコミュニティーサイト「Pantip」をチェックするそうです。ともかくインターネットからの情報収集が一番、上記の他に利用するのはGoogleやJapan Guide、日本政府観光局のHPを参考にしているようです。

そして日本においての宿泊先は

ホテル     56%

ビジネスホテル 22%

ゲストハウス  12%

旅館      10%

日本の伝統文化を満喫したいタイの人達の心を満足させる要素が沢山詰まっている旅館。でもなぜか、宿泊先選択では一番下位。温泉人気を考えたら旅館があまり利用されないのはとても残念な気がします。旅館情報が上手く伝わっていない点など、まだまだ発信力の弱さに加え、旅館自体の敷居が高いのかもしれません。今後受け入れ方法の再考で、かなりの集客は見込めるのではないでしょうか。

 

参考資料 外務省ホームページ アジア     日本政府観光局(JNTO)JETRO   YINDEED MAGAZINE

佐賀トラベルサポートHP


〔外国人観光客を集客するために〕

★外国語のスライドムービーでタイからの観光客に旅館の魅力をアピール! 和食の紹介・宿内の案内・入浴時の注意事項など。バイリンガルサポートにお任せください。

★タイ語の翻訳は多言語翻訳サービスNAIwayへ。観光・ビジネス・教育・法律など、様々な専門分野を持つネイティブの翻訳者が対応いたします。

★英文(英語)学術論文の校正・校閲・添削はエヌ・エイ・アイ(NAI)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*