YouTube動画に【カード】を追加してアクションを起こさせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2

以前、動画に【目的】を持たせる重要性についての記事を投稿しました。

【インパクトのある動画で海外のファン獲得!】:goo.gl/T1d86K

目的のある動画は、視聴者に訴えかける力がとても強いため話題に上りやすく、再生数を集める力もあります。しかし、せっかく視聴者が興味を持ってくれたとしても、アクションを起こしてもらえなければPRに成功したとは言えないのではないでしょうか。

そこで、今回はYouTubeを活用してアクションを促す【カード】機能についてご紹介したいと思います。

まず、カード機能の概要についてですが、カードとはYouTube上に表示されるこの部分を指します。

%ef%bc%91

クリックすると詳細が表示されます。

2

この部分はクリックできるようになっており、視聴者を次のアクションへと誘導します。(この例ではこのシーンに関連する別の動画をお勧めしています。)

このように、動画の特定のシーンに、クリックできる【カード】を設置して別のリンクへ誘導する仕組みが【カード】の基本的な機能です。適切なタイミングでカードを設置できれば、動画のファンであるチャンネル登録者を増やしたり、予約や購入を考えた人を自分のサイトに誘導できます。

当然、YouTubeには魅力的な動画は沢山ありますから、とりあえず一時的に興味を持った視聴者を逃さないことが実は何より有効な施策なのです。

では、もう少しだけ詳しく【カード機能】について知ってみましょう。

カード機能には、以下の4種類があります。

  • 動画または再生リスト⇒動画または再生リストを宣伝します。
  • チャンネル⇒他のチャンネルを宣伝します。
  • アンケート⇒質問と選択肢を自由に作成し、視聴者の意見を募ります。
  • リンク⇒外部サイトへのリンク作成

このうち、注目したいのが④のリンク機能で、自分のサイトや商品購入ページへの誘導、さらにはクラウドファンディングを使った資金調達までできてしまうのです。

 設定できる外部リンク

A.自分の関連ウェブサイト

B.オンラインショップのサイトの店舗ページまたは商品ページ

C.クラウドファンディングサイト

 

YouTubeに自慢の動画をアップしたら、是非カードを設定してみることをお勧めします。

なお、【カード】の設定手順はとても簡単なので、YouTube Helpをご参照ください。

参照:動画にカードを追加する(YouTube Help)

https://support.google.com/youtube/answer/6140493?hl=ja&ref_topic=6140492

 

【まとめ】

  • YouTubeのカード機能でできること

①動画や再生リストの紹介
②動画チャンネルの紹介
③アンケート
④外部サイトへの誘導


〔外国人観光客を集客するために〕

★外国語のスライドムービーをSNSや店頭サイネージで流して集客、案内、注意喚起などのインバウンド対策に! 外国語動画制作のバイリンガルサポートにお任せください。

多言語翻訳サービスNAIwayでは、様々な専門分野を持つネイティブの翻訳者が、インバウンド対策のお手伝いをいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*