SNS の記事一覧

お金をかけなくても面白い動画は作れる!

1

【記事タイトル】
お金をかけなくても面白い動画は作れる!

【本文】
今回も、引き続き効果的な動画PR事例をご紹介したいと思います。
前回の記事では、佐賀県の強烈な温泉PR動画などを例に挙げましたが、「プロが作ったCMっぽくて自分たちにはハードルが高そうだな」と感じてしまった方もいらっしゃることでしょう。
しかし、企業や店舗、地域のPRだからと言って、撮影のため外部の出演者さんに依頼したり、高い機材やプロカメラマンを起用することは必須ではありません。アイディアや見せ方の工夫次第で、簡単にファンを増やすことができてしまいます。

続きを読む

インパクトのある動画で海外のファン獲得!

1

動画の作成やアップロードが簡単になった昨今、様々な企業や自治体が動画を使った宣伝・告知に力を入れています。中でも、世界最大のシェアを誇る動画サイトであるYouTubeには、1分あたり100時間の動画がアップロードされるとのこと。それゆえ、何も考えずに作ってアップロードしてみても、瞬く間に星の数ほどある動画に埋もれてしまいます。

そんな中、海外で莫大な再生数を集める事例も出てきています。

佐賀県温泉「いっしょに入ろ?」篇”SAGA BEAUTY ONSEN MOVIE”

動画の出だしから思わず目を奪われる美しい黒髪、色気を感じるしぐさ、そして全裸のサービスショット(?)佐賀観光連盟がアップロードしたこの動画は既に200万回を突破(2016年9月現在)しており、動画の効果で前年比4倍の観光客を記録したとのこと。コメント欄には日本語だけでなく、英語や中国語タイ語での投稿が見られます。
特に反響が大きかったのはタイの視聴者で、タイ人の国民性として視聴者を騙すビックリ系、サプライズ系が人気だからとのこと。
海外をターゲットにする際は、国民性を理解してネタを仕込むことが一つの成功の鍵といえるでしょう。

続きを読む

YouTubeの動画編集機能について

今回は、YouTubeの動画編集機能をご紹介。動画を編集したいけれど、編集ソフトを持っていない。そんな方でも、YouTubeに動画をアップロードすれば、簡単に編集することができます。
まず、「マイチャンネル」の動画の管理から編集したい動画を選択します。

1
%ef%bc%92

続きを読む

普通の人がYouTubeに動画をアップする際にこれだけは注意すること【簡単ひとまとめ】―(その2)

YouTubeに動画をアップロードする際、どの程度の解像度の動画がいいのでしょうか。この質問にはどの程度の画像解像度でもオーケーですよとお応えしておきます。YouTubeが推奨している動画は、

240p: 426×240
360p: 640×360
480p: 854×480
720p: 1280×720
1080p: 1920×1080
1440p (2k): 2560×1440
2160p (4k): 3840 x 2160

とありますが、視聴者がハイビビジョンテレビ等をお持ちで、回線も最速のものであるという状況でない限り、1080p程度で充分です、なぜならアップロードした動画は、視聴者の回線速度が遅いと強制的に再エンコードされてしまうからです。ただしYouTubeには1動画2GBまで、そして最長15分までと、その動画の容量と長さの上限があります。この上限も、(1)で解説したアカウント確認を行うことで、容量128GB、長さ11時間までに上限がアップします。

またYouTubeのタイトルは、半角100文字、全角50文字という文字数制限があります。さらに説明文は、おおよそ、全角1,600文字程度(半角のみなら5,000文字程度)入ります。なお説明文は最初の2行以外は表示されず、▼をクリックすると残りが表示されるようになるので、重要なことは最初に記載した方が再生率が上がります。

またタグの数は、5~10個が良いとされています。このタグも、重要なもの、検索して欲しいものから先に記載することがSEO的にも良いとされています。また固有名詞的な単語と一般名詞的な単語とを散りばめた方が、より検索されやすいと言われています。

もう一つ大事なことは、アップロードした動画には、非公開、限定公開、公開の3つのステータスがあることを知っておくです。動画を最初にアップロードした際は、初期設定では「非公開」になっていますので、それを、広く一般に見せる場合は「公開」、特定の人だけに見せる場合は「限定公開」にする必要があります。

【まとめ】

  • 動画の解像度は1080p(1920×1080ピクセル)程度までで十分。
  • タイトルや説明文、タグは強調したいことを前半に簡潔に書く。
  • 公開ステータスは以下の3種類。
    ①公開…検索可能。誰でも閲覧できる。
    ②限定公開…検索不可能。動画のURLを知っている人のみ閲覧可能。
    ③非公開…アップロード者本人しか閲覧できない。

〔外国人観光客を集客するために〕

★外国語のスライドムービーをSNSや店頭サイネージで流して集客、案内、注意喚起などのインバウンド対策に! 外国語動画制作のバイリンガルサポートにお任せください。

多言語翻訳サービスNAIwayでは、様々な専門分野を持つネイティブの翻訳者が、パンフレット、メニュー、Webサイト、契約書等、インバウンド対策のお手伝いをいたします。

普通の人がYouTubeに動画をアップする際にこれだけは注意すること【簡単ひとまとめ】―(その1)

%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e6%b3%a8%e6%84%8f%ef%bc%92

普通の人が普通の動画をYouTubeにアップするだけなら、実はAndroidやiphone等のスマートホンの撮影でも一昔前のプロレベルの画質での撮影が可能です。ですから撮影はハンディカムでも、スマホでもかまいません。
さて撮影した動画は、どのようにYouTubeにアップするのでしょう。実はYouTubeというのはGoogleさんが運営しています。ですから皆様はまず、Googleアカウントを取得する必要があります。

以下がGoogleアカウントを取得するためのページです。ここでの詳しい説明は省きます。

GmailAccount

続きを読む