離島の頑張り

ここ数週間色々と程慌ただしくしていたこともあり、僅かなプライベートタイムを現実逃避できるネットサーフィンに費やしていたところ、いま「離島」が熱いことを知りました。

——-

東海汽船・伊豆七島のキャンペーンが日本語で行われているだけでなく、英語でもウェブサイトが出来ており、かなり力をいれているようです。

Tokyo Islands 

2時間程度で「南国気分」を味わえる東京近郊の島々。

ダイビング初心者でも運がよければイルカと戯れることもできるとか。。。

都会の忙しない日々を一瞬でも忘れたい人にはもってこいの場所です。

伊豆大島以外にも式根島、八丈島などもアピールされており、外国人観光客の中でも「日本の離島巡り」はちょっとしたブームになりつつあるのかもしれません。

過去を遡ると、今まで大半のツアー客は主に温泉ホテルを利用していたようですが、最近ではバックパッカーが喜びそうな民宿や、若い世代が運営するキャンプのような施設も続々誕生しているようです。離島だから就職も期待できないと諦めるのではなく、自分たちが主体となって生まれ育った島を活性化させようという勢いが伝わってきます。

同じ離島でも、色々な意味で話題になっている「軍艦島」。こちらも負けていません。

英語のサイトを持ち、観光ガイドの体制もしっかり整っています。

軍艦島紹介サイト

軍艦島は伊豆諸島とは異なり歴史的背景の説明が必須であるため、元作業者や住民であったり、歴史を愛するOB/OGたちがコンシェルジェとして日本語・英語対応されています。ただただ島をガイドブックを観ながら散策するより勉強になると好評なようです。

軍艦島コンシェルジェ

日本の離島を知ることは教科書には出てこない色々な歴史を知ることが出来るだけではないので、日本人にとってだけではなく、国際的にも非常に意味のあるツアーだと思います。

是非一度足を運んではいかがでしょうか。


〔外国人観光客を集客するために〕

★外国語のスライドムービーをSNSや店頭サイネージで流して集客、案内、注意喚起などのインバウンド対策に! 外国語動画制作のバイリンガルサポートにお任せください。

多言語翻訳サービスNAIwayでは、様々な専門分野を持つネイティブの翻訳者が、パンフレット、メニュー、Webサイト、契約書等、インバウンド対策のお手伝いをいたします。

★英文(英語)学術論文の校正・校閲・添削はエヌ・エイ・アイ(NAI)へ。

JR東日本・外国人旅行者対策

やっぱり都内はインターナショナル

この連休はのんびりと自宅にて休養するつもりだったのですが、色々な場所を散策する日々に変わっておりました。

このブログをはじめてからというもの、日ごろの生活でインバウンド対策と思われるもの、サービス、設備などなど、気が付いたらお笑い芸人さんのネタ帳ではありませんが、スナップ写真やメモをするようになってしまいました。

そして今回の発見はこれ!

JR目黒駅に出没した外国人旅行者用に設置された電子コンシェルジュ!

続きを読む

ガシャポン 世界にひろがる

幼い頃、小銭を片手にカプセルトイ……通称「ガシャガシャ」をお目当てに、キラキラとした目をして文房具屋、駄菓子屋、おもちゃ売り場に向かった記憶がある人は何人もいるはず。

個人的には「〇〇君は、これが出たのに、私は欲しいものじゃなかった~」などと嘆いた日々はもう遠い昔に思えるが、どうやら巷ではそうではないらしい。

続きを読む

アニメパワー Anime Japan 2017

クールジャパン・・・

先月の3月24日~26日にかけて東京ビッグサイトは「Anime Japan 2017」が開催され、アニメ一色になっていたそうで。。。 イベント会場近くにいた知人からは目を疑うほどの人の塊を映した写真が届いた。

あまりアニメに造詣のない私にとってアニメがここまで世界中を動かすパワーになるとは思ってもいなかった。

ただよくよく考えてみればアメリカのアニメは「ブーン、バーン、クラッシュ」と擬音だらけであり、お世辞にもきれいな絵ではなかったことを自身の微かな記憶にある。

大手といったら、スーパーマン、スパイダーマン、バットマンなどを誕生させたマーベルコミックス社ぐらいしか思い出せない。

どのアニメをとっても、彩、線、話の構成、美的感覚すべてにおいて日本のアニメに劣ることはアニメをあまり楽しまない素人でもわかる。

だがアニメはどうやっては世界に広まったのだろう?

続きを読む

日本の伝統とインバウンド

出社前のテレビのニュース番組で、日本で暮らして生計を立てる外国人労働者の特集を見た。母国と離れて暮らす彼らにとって、日本で生活していくことの意味、そして彼らも注目する訪日外国人観光客「インバウンド」との付き合い方を見ていきたい。

外国人が日本で生計を立てるようになる理由は様々だ。元来留学に来ていた外国人が日本の気候、風土、文化に惹かれて日本に留まったケース。日本での出会いを契機に国際結婚に至り、何らかの理由が生じて日本での生活を決心したケース。

その中で今回は、日本の伝統文化に関わる仕事に就いた外国人について触れていきたい。

続きを読む

インバウンドと日本のアニメ文化

近年、訪日外国人旅行者数の増加とともに「インバウンド」という単語が話題になってきている。

彼らインバウンドが日本を訪れる目的には、歴史的建造物の探訪、伝統文化との触れ合い、日本食や温泉の体験と様々であるが、今回は日本の誇るサブカルチャーであるアニメ・ゲーム産業への関心を触れてみたい。

日本のアニメや漫画は今では世界各国に向けて翻訳が行われ、そのファンも世界中に存在する。その中で、日本を訪れる外国人観光客の目的に、そういったアニメや漫画に関連したグッズを購入する、アニメイベントに参加する、所謂オタク文化に触れ合うといったものも存在するようだ。例えば、旅行大手のHISでは、大阪・心斎橋に「OTA BASE(オタベース)」という、アニメやファッションを外国人観光客に向けて発信する場所を誕生させている。

こういった文化の中心地である東京・秋葉原や大阪・日本橋では、来たる2020年の東京五輪に向けて町にはインバウンド向けの広告であふれている。例えば、秋葉原にあるとある免税店では、もはや看板に日本語の文字がなく、外国人買い物客の多さを窺い知ることが出来るだろう。

続きを読む

リピーター率が高いタイからのお客様

2013年7月 ASEAN友好協力40周年を契機にタイ国民の短期滞在者に対して、ビザの免除措置が開始されました。それに伴い現在、タイと日本を結ぶ国際路線が成田・羽田・関空をはじめ全部で6路線から直通便が飛び、加えてLCC(格安航空)が訪日増加に拍車をかけています。

富裕層から中間層に広がる日本観光ブーム。下の表からも見てわかるように、2013年以降、一気に上昇しています。2014年の軍事クーデターなど不安材料はありましたが、経済は手堅く推移していることから、訪日タイ人の数は年々増加の一途をたどっています。また、オリンピックが開催される2020年には150万近くまで伸びるのではと言われています。また驚くことにリピーター率もかなり高くなんと2~5回の比率が一番多いのです。

次にタイ観光客の趣向や動向を詳しく見てみましょう。

続きを読む